Linuxコマンド・bashの使い方実例

Linuxコマンド・bashの使い方の実例を紹介します。
管理人は某企業で、一応SEとして働かせていただいております(本業は組み込み系)。
まだまだ未熟者ですが、皆さんのお役に立てたら幸いです。

grepコマンドで、テキストエディタ等でよくするgrep指定をする方法です。

コマンド書式:
grep -nr --include=読み込むファイル名 "検索文字列" 検索するディレクトリ

例) 
grep -nr --include=*.c "return 1" ./MyProject

解説:
例では、"return 1"という文字列を、カレントディレクトリにあるMyProjectフォルダ以下にある、拡張子が.cのファイルの中から検索します。結果に、マッチしたファイル名と行だけではなく、行番号も出力します。

結果例:
./MyProject/grep_test/greptest.c:1:return 1;

-nオプションで検索文字列が含まれるファイルの行番号を表示します
-rオプションで指定したディレクトリを再帰的に検索します
--include=オプションで検索対象とするファイルパターンを指定します。正規表現が可能です。複数パターンを指定する場合は--include=を複数指定します。 

なお、結果のファイル名や行番号はコロン「:」で区切られるため、awkなどで整形することも容易です。 
スポンサードリンク
スポンサードリンク

スクリプト等でサーバからファイルを取得する際、パスワードを訊かれて処理を止めないようにする方法です。
scpコマンドと公開鍵認証方式を使います。

前提:
sshがインストール済みであること。
未インストール場合はこちらの記事を参考にサーバ・クライアント両方にインストールしておいてください。

公開鍵認証方式でファイルコピーするための準備:
 ssh-keygen -t rsa ←色々訊かれるが、パスワード無しにする場合は全てエンター
 ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.pub コピー相手のアカウント名@コピー相手のIPアドレス ←公開鍵をクライアントへコピー(*1

*1 ssh-copy-idコマンドがインストールされていない場合は、手動で公開鍵を相手サーバに送ります。
  方法:相手サーバのアカウントの~/.ssh/authorized_keysに、
  ssh-keygenで作成した~/.ssh/id_rsa.pubの内容をコピー&ペースト

上記の操作を、コピーする相手同士でそれぞれ実施します。
つまり、公開鍵を教えあいます。(*2)

*2 単方向でしか通信しない場合(例えばこちらから通信するだけで、相手サーバからは通信してこない場合)、通信される側は、公開鍵を相手に送る必要はありません。

ファイルコピー操作:
scp コピー元アカウント名@コピー元IPアドレス:コピー元ファイル名 コピー先ファイル名 
例)
scp test1@192.168.xxx.xxx:~/scptest.txt .

例では、192.168.xxx.xxxのtest1アカウントから見たパスの~/scptest.txtを、scpコマンドを実行したサーバのカレントディレクトリに取得します。
パスワードを訊かれずにファイルが取得できれば成功です。
コピーする方向を逆にする場合は、cpコマンドのように、scpコマンドに渡す引数を逆にするだけです。
scp コピー元 コピー先
 

スクリプト等を変更する際、変更行をコメントアウトで残しておいて、
変更後の行を挿入することがよくあります。こういう時に便利なコマンドです。

変更対象のファイル:target.sh
#!/bin/bash
echo "-------teststart!!!-------"
echo "target1"
echo "target2"
echo "target3"
echo "-------testend!!!-------"
exit 0

変更後のファイル:target.sh

#!/bin/bash
echo "-------teststart!!!-------"
echo "target1"
echo "target4"
#echo "target2"
echo "target3"
echo "-------testend!!!-------"
exit 0
 
変更実行コマンド:
sed -e "/^echo \"target2/s/^/#/" -e "/^#echo \"target2/iecho \"target4\"" -i.bak target.sh

解説:
ピンク色の箇所がコメントアウト対象行。黄色の箇所が挿入行。
sedコマンドの1つ目の-eで実行しているコマンドは、
条件「echo "target2で始まる行」に当てはまる行の「行頭を#にする」という意味です。
正規表現で行頭は^と書きます。
sedコマンドで2つ以上コマンドを実行する場合はいくつか方法があります。
-eをその都度指定する。複数コマンドを{}で括る(その場合、各コマンドは;で区切る)。sedスクリプトファイルに記載する。等の方法があります。
2つ目のコマンドは、
条件「#echo \"target2で始まる行」に当てはまる行の前に「echo "target4"を挿入する」という意味です。

余談:
前にもsedコマンドの解説をしましたが、個人的にsedやawkとかエディタ系が好きなので今後も多くなりそうです。

↑このページのトップヘ